山田錦の発祥の地である兵庫県多可郡多可町

1828年からこの地で先祖代々農業を営んできました。

 「最高の農作物は最高の「人」から生まれる」という経営ビジョンのもと、感謝・挑戦・誠実を心に留め、

スタッフ一同精進しております。

 

 



新着情報


2022年4月7日 現代農業に掲載されました。


2022年5月4日 現代農業に掲載されました。


2022年6月24日 NHK 「Live Love ひょうご」で放送されました。


2022年7月26日 ラジオ関西 「Clip」に出演しました。


2023年1月25、26日 Food style kansaiに出展しました。


2023年4月1日 現代農業に掲載されました。


2023年5月1日 現代農業に掲載されました。


2023年5月25日 神戸新聞に掲載されました。


2023年8月1日 MUSUBIに掲載されました。


山田錦(酒米)

1960年より、石川県金沢市にある老舗の酒造「(株)福光屋」と提携し、より良い酒米を栽培するために共同で土づくりから研究を続け、良質な酒造好適米を契約栽培しております。この土地特有の良さをふんだんに発揮し、丹精込めて育てた酒米「山田錦」からできたお酒は絶品です。

2022年より、有機山田錦が(株)ハニーマザーの「山田錦の焼き菓子」の原材料として使用されています。山田錦が米粉としても利用されております。山田錦サブレはお酒のあてにも相性抜群です。ぜひご賞味ください。

熟成黒にんにく「黒葫玉(こっこおう)」

ひょうご安心ブランドの自家栽培にんにくを使用し、

温度・湿度・熟成時間を調節しながら独自の方法で

約30日間熟成発酵させて製造しております。

同業他者の黒にんにくに比べ、臭い、エグ味がなく、

プルーンのような味と食感を楽しむことができます。

身体にいいこと初めてみませんか?

平成30年度「五つ星ひょうご」選定商品。

黒大豆「丹波黒」

粒が大きく、上品で光沢のある色、味は濃くとても美味な「丹波黒」。日中は暑く、夜は冷え込むという寒暖差と適度な雨量のバランスが、黒大豆の栽培に適しています。

黒大豆の枝豆は成熟する前の柔らかい状態で収穫します。黒大豆の枝豆は出回る期間が短く希少で、その味は濃厚で独特の食感です。

にんにく

栽培期間中、農薬を一切使用しておらず、手間をかけて栽培しております。皆様に安全・安心な食品をお届けするため、日々努力を重ね、私たちの「にんにく」は平成29年度、兵庫県認証食品「ひょうご安心ブランド」として認定されました。

生にんにく

畑から収穫したばかりの「生にんにく」は、火を通すことにより臭いが減少し、ホクホクとした食感に生まれ変わります。一度口にするとやみつきになるほどの美味しさです。

6月の期間限定販売となります。

にんにくの芽

5月上旬、ひときわ目立って伸びてくる部分を「にんにくの芽」と呼びます。店頭に並んでいる「にんにくの芽」は99%が中国産であり、国産のものはなかなか流通しておりません。

農薬を使用していないので安心して食べていただけます。



ピックアップ商品 熟成黒にんにく 黒葫玉(こっこおう/Kokkoh)


原料は、除草剤・殺菌剤・殺虫剤等の農薬を一切使用せずに当農場で栽培しており「ひょうご安心ブランド」に認定されています。ご夫婦やご家族の健康習慣に。お求めやすいリピーター向けの商品です。

原料は、除草剤・殺菌剤・殺虫剤等の農薬を一切使用せずに当農場で栽培しており「ひょうご安心ブランド」に認定されています。最初の熟成立ち上げは少数ロットで行い、熟成のむらが無い様に丁寧に仕込み、約30日かけて仕上げた「黒葫玉」の中でも、特に大玉を厳選いたしました。親しい方への贈り物に。

 

黒葫玉(こっこおう)の中でもキュートなものを厳選し、通常よりも長時間乾燥させ、グミのような食感に仕上げました。働く女性の方にお勧めです。